勉強道具

幼稚園教諭になるために│どのような大学があるかチェック

職場の管理をする

ウーマン

衛生管理者とは従業員の数が50人以上いる職場に必ずいないといけない人のことで、この資格を持っている人は衛生に関する様々な管理を行なうのです。衛生管理者はどのような管理をするのかといいますと、従業員の健康管理や職場の安全管理などの管理をします。最近ではパソコンを使用している職場が増えているため、長時間の使用による体調不良や疲労、職場の人付き合いなどの人間関係でストレスを抱えているなどのことが起きています。そのようなことが起きないように、定期的に健康診断を実施するために管理者は日程を調整したり、要検査や要観察の従業員がいれば産業医との橋渡しをしたりします。職場の安全管理は万が一火事が起きた時に、スムーズに避難することができるように避難経路を確かめて、非常口や非常階段を速やかに使用することができるように点検しないといけません。

衛生管理者になるためには試験を受けないといけませんが、受験資格が決まっているため誰でも試験を受けることができるという訳ではありません。大学か短大、高等専門学校を卒業して1年以上労働衛生関連の仕事経験がある人、高校を卒業して3年以上労働衛生関連の仕事に携わっている人などが受験資格があります。ですが、試験は衛生管理者の試験は定員制ではないため合格ラインの60%以上の点数を取ることができれば合格することができるでしょう。それだけではなく、試験内容はすべて選択式ですから対策が立てやすくなるはずです。試験の対策も立てやすいということで、多くの人がこの資格を取得しようとしています。